タグ:旅行 ( 13 ) タグの人気記事

いよいよ 潜水艦内部へ

いよいよ 潜水艦内部へ

入ってすぐ
船独特の匂い

そして、ソナー音で 一気に緊張感に包まれ

想像していたよりも
狭さを 肌で感じて
もし、自分がここで生活するとしたら・・・
仕事をするとしたら・・・・キツイ!!!!
閉塞感が苦手なせいもあるかな


実際にここで 仕事をしていた人がいた
ということを考えて
浮かれモードが 吹き飛んでしまいました。


潜水艦では お水はとても貴重
シャワーだって、のんびり浴びることはできないんだろうな~
湯船にのんびりつかりたいだろうに・・・

c0191336_19381276.jpg
とにかく ひとつひとつの場所の狭さで
圧迫感やら閉塞感が どんどん強まる


通路も 人ひとり通ると いっぱい
c0191336_19414619.jpg

通路の両脇に 部屋があったり



艦長室は ベッド上部の圧迫感はないけど
c0191336_19424920.jpg
艦長室でこの部屋の広さだと
他の人たちの部屋はもっと狭いんでしょうね。


潜水艦内部は 立ち入り出来る場所が限られていますが
操縦席には座れて 操縦桿を握り
ハンドルを操作したり出来ました。

c0191336_19433047.jpg
ハンドル重かったです。
鍵がかかってるとか そーゆー訳ではなく(笑)
コレは、ちゃんと動くようになってて
係員の人に 教えてもらいながら
動かしました。




この史料館
入場無料ってことに 驚き!
お金払っていいレベルだと思いました。







お次は 史料館のすぐそばにある
c0191336_19444725.jpg
大和ミュージアム


戦艦長門の企画展もあったので
そちらも 見学しました。

館内は撮影禁止が ほとんどで
パチリしたのは
戦艦 大和
c0191336_19462223.jpg
ぐるりと周りを


この先端からショットお気に入りです
c0191336_19465655.jpg
実物の1/10 だけど
すごく迫力がありました。

大和ミュージアムは 呉の歴史などパネル展示や
大型資料 魚雷や 特攻兵器回天などが展示されていました。

回天に関しては
本を読んだり 映画をみたりしていたけど
改めて 目の前にすると 胸がしめつけられました。


普段、あまり 意識することのない
戦争ということに触れて
知ることの大切さを感じました。

広島には 修学旅行で来たことがあって
その時は原爆ドームの辺りには行ったけど
ここ、呉にも 学びがたくさんありました。

ここまでで あっという間に
時間が過ぎてしまいました。


本当は、艦船めぐりもしたかったし
もっと 行きたい場所(海自関係)があったんですが

グッとこらえまして
次回の?お楽しみ取っておくことにして


呉から移動!

お次は 厳島神社へ




その前に 

呉で いただいたお食事のまとめ

広島風お好み焼きを食べてみよう!
焼きそばも食べてみたんですが 麺が細い。
そして、イカ天が入ってるのが 面白い食感と味の風味だな~と
思いました。
比べるもんではないかもしれないけど
やっぱり関西風お好み焼きの方が好き。

c0191336_19481324.jpg
そして、もうひとつは 海自カレーを 食べました(*´ч`*)


呉には海上自衛隊・呉基地に所属する艦艇等で
食べられているカレーを、呉市内の飲食店で食べることができるんです!!

何店舗もあって あれもこれも って悩みましたが
次の移動のことを考えて 呉の駅前にあって 営業時間が早めのところを選びました。

辛いカレーが苦手なんですが
潜水艦せきりゅう の海自カレーは 甘めで 食べやすかった♪
でも 甘いだけでなくスパイスがきいていて それなりの辛さはありましたよ
(辛みの調整が出来る 赤いソースも用意されていました)

また、別の海自カレーも食べたーい。


呉、また訪れたい場所のひとつになりました(^▽^)/







そうそう てつのくじら館や大和ミュージアムで
自分用の土産を購入したんです
c0191336_19484960.jpg
マグネットは 冷凍庫にペタリ
手ぬぐいは 食器置いたり日常使いしております。



そして、いよいよ
旅の最後 厳島神社へ
電車で向かいました。



by cyobizm | 2019-02-21 19:25 | | Comments(0)

呉へ

海猿の影響を受けて
海で仕事をする人(海保やら海自)に惹かれます。
ミーハーなオンナなんですよ(笑)

そんなわけで
興味があったので 呉へ足を運びました。


呉港のすぐ側にある
c0191336_18094641.jpg
海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)を外からみた図↑

ドーーーンと 大きな潜水艦
これって本当に使っていたモノなんですね

潜水艦内部にも入れるってことで
外から見てる段階でワクワクが止まりません( ❤︎∀❤︎)


朝イチで 突撃しようと張り切って行ったら
開館時刻ちょっと前に到着したんですが
すぐに中に入れてもらえました。

一番乗り!
かと、思ったら
すでに数名 見学の人たちが入っていました。




でも、平日のあさイチ!
ほぼ貸し切り状態で ゆっくりじっくり見ることが出来ました。

館内は
潜水艦のあらましや 活動の記録が
パネル展示されていたり
実際に使われていた備品なども置いてあったりして
普段、潜水艦って 何してるのか 知らなかったので
いろいろお勉強になりました。

難しいお話だけでなく
みて、さわって、というわかりやすい体験もしました。

お食事処の様子
c0191336_18131853.jpg
この椅子の上部が開くようになっていて
下に野菜を保管するようになっていました

開けようとしたけど
重たっ!
全然、開かへんやん
って、よくよくみたら 鍵がかけられてて
開かないようにされてありました
( ⌯᷄ω⌯᷅ )ヤダァ 恥ずかしい

そして こちらの三段ベッド
c0191336_18171111.jpg
乗り降りのやり方が書いてあったので
実際にベッドに寝転がってみました。
靴を脱いで 真ん中の段に 
うつぶせになるようにして潜り込み
中に入ったら 回転して仰向けに。
オチビちゃんの私でも かなりの圧迫感!

体の大きい男の人だと
かなり窮屈かも・・・



潜水艦は 夜と昼の区別をつけるため
明かりで 夜は赤 が点灯
c0191336_18184238.jpg
潜水艦に 乗ってるていで
雰囲気を味わいました。

壁際にスイッチがあって 明かりの切り替えが出来ました。


そして、こんな潜望鏡も
c0191336_18203105.jpg
昼と夜の風景が切り替わるのを
眺めてみたり

気分は 勝手に乗組員♪

ちょっと 浮かれておりましたが


このあと、いよいよあの外側にあった
潜水艦本体の内部へ入りこみ

浮かれモードが 一瞬で切り替わりました・・・・





by cyobizm | 2019-02-19 17:23 | | Comments(0)

有馬温泉へ

カワウソさんと遊んだあとは

有馬温泉へ
お宿に早めにチェックインっ
c0191336_20013661.jpg
館内やお部屋には
茶香炉が焚かれていました。
お茶の香りに ほっこり
ちょっと休憩してから

温泉街を探索
ねねの像・・・
こーゆーの見ても 何の知識もないので
はて?となるワタクシ・・・
歴史的なものとか ちゃんとお勉強してると
探索が有意義なものになるんでしょうね(^^;
c0191336_20023992.jpg
この日は めっちゃ寒くて小雪ちらつく中
有馬川沿いを歩いていおりますと

炭酸せんべいの店があちらこちらに

その中で 一番気になった
生炭酸せんべい!
1枚1枚手焼きで 焼きあがったものを
その場で すぐに手渡してくれます。
c0191336_20032479.jpg
焼きたてすぐは やわらかいんです。
5秒もすれば おなじみのパリパリの炭酸せんべいになるという
食感が楽しめるお店でした。

他の炭酸せんべいのお店では
普通に1枚 試食させてもらったり♪

微妙な味の違いがあるのかもしれないけど
そんなもの わかるはずもなく(笑)

あっちこっちプラプラしてたんですが
なんせ寒くて あったかい物が食べたくて
c0191336_20041229.jpg
懐かしいのポスト見ながら
立ち食いコロッケ~
普段 コロッケあまり好んで食べないんですけどね
雰囲気につい 手を出してしまいました(o^―^o)



そうそう 忘れちゃならないコレ
c0191336_20045295.jpg
マンホールのふた!
有馬温泉のところでは このデザインしか見つけられませんでした。


他に目についたのは
昔の?番付表
c0191336_20053727.jpg
何気に こんな番付も好きなワタクシ
温泉地って いろいろあったんですねー


他にも 温泉が湧いてるところ?源泉を見たり
ぶらぶらしたんですが
体が冷えてきちゃったので


お宿へ戻りまして
温泉にザブーン♨️
赤茶色の金泉に体を浸しました

さっぱりして
一息ついたところで夕食となりまして
c0191336_20075638.jpg
写真は 一部のお料理です
他にも最後のデザートまで
お腹いっぱい食べました(*´ч`*)


最後、夜には
湯上りにと用意されていたゼリーもしっかり完食


お宿の雰囲気はよかったです。
接客もお世話係さんが 気さくな方で
お話が 楽しめて なかなか愉快でした。


旅行っていいんだけど
枕がかわると 眠れなーい
すごく眠りが浅くなって 数時間おきに目覚めちゃう・・・


で、早朝に温泉につかるという
贅沢な朝でございました。



半日断食を続けていて
基本的に 朝ごはんは 食べない生活なんですが

旅先では しっかり食べちゃいました
c0191336_20120650.jpg
ごはんは 芋粥にしてもらいましたが
おかずの雰囲気からして
普通のご飯の方が良かったかな。。。なんて
思ったりも

かなりボリュームのある
お食事でしたが
ぺろりと完食!


このあとは 三田のアウトレットへ行きまして
そこで いい買い物をしちゃって
新年からウハウハ気分でいっぱい


そんなこんなの 神戸旅でございました!(^^)!






by cyobizm | 2018-01-13 21:12 | | Comments(0)

ぎふ長良川温泉

下呂温泉の次は 長良川温泉へ

長良川って鵜飼が有名なところ
だったんですね

5月11日〜10月15日まで
夜になると船が出てるそうですが。。。

ワタクシ川魚は 苦手でして^^;

お宿から チラリと
c0191336_11254304.jpg

船が出てるのを眺めました。
肉眼では もう少し見えたんですけど
スマホで 撮ったら 何が何だかわからんものに(笑)

お宿の夕食で鮎の塩焼きが出たんですが
c0191336_11254353.jpg

ガッツリ頭からかぶりついたり
は、出来なくて
こちょこちょと 身の部分だけ いただきました
白身のお魚で 味は悪くないんですけどね〜

内臓の苦味は苦手
お子ちゃま舌で ごめんなさい(笑)

そうそう長良川温泉でも
マンホールをパチリ
c0191336_11254424.jpg

鵜と鮎が あしらってありました(´▽`)


旅の話はいよいよ次回が最後。
c0191336_11254420.jpg

ロープウェーで金華山へ
矢印のところチラリと写ってる岐阜城を見学
そして 大好きな( ❤︎∀❤︎)あの生き物と!!
を綴ります。


by cyobizm | 2017-08-27 11:12 | | Comments(0)

お初の陶芸体験

滑り台で ガクガクになった
体で 次に向かったのは
c0191336_14301913.jpg

陶芸体験が出来る工房。
(事前に予約が必要です)

初めに講師の方から
焼き物に関するお話がありまして

沁みるイイお話に ワタクシ
あぁ ここにきて良かったぁ と思いました。
関西出身という方だったので
慣れ親しんだ関西弁での語りだったので
すんなりと心にはいったのかな(笑)

電動ロクロに ドスンと
土をセットして下さって
c0191336_14301951.jpg

いよいよ お初 ロクロ
ど真ん中に親指ブスリとさしこむ

たったそれだけのことなのに

ど真ん中に穴を開けられなかったワタクシ^^;
簡単そうに見えるけど
いざ、やってみると なかなか思い通りに
ならない けど
面白い!!
c0191336_14301982.jpg

ぽい 感じにロクロ回すワタクシ(笑)


なんとか 形になりまして
c0191336_14302077.jpg

糸を使って台から切り離し

完成品をチョキの手で
c0191336_14302013.jpg

持ち上げる

ココ! すんごく緊張したところです。
チカラのいれ加減が難しくて
あやうく 落っことしてしまうとこでしたが

なんとか 出来上がり
c0191336_14302117.jpg

このあと 焼いて下さって
ワタクシの手元に届くのは
1ヶ月から1ヶ月半後。

焼き上がった物が届くのが楽しみです。

合掌村の中には
c0191336_14302125.jpg

手湯なんかも ありまして
ここでも温泉の恩恵が♪

もちろん合掌造りの中も
見学しましたよ〜
c0191336_14302230.jpg

魚にエサをあげれるところがあったり
なぞの石のビーグルちゃん?やら
お食事処のカエルの箸入れに
ときめいてみたり

なんやかんやと たのしめました*^^*
c0191336_14302207.jpg

下呂温泉では 良い思い出が出来ました。


お次は 長良川温泉のことを綴ります。。。
by cyobizm | 2017-08-26 14:06 | | Comments(0)

下呂温泉 合掌村 森の滑り台が本気すぎる

温泉街の近くにある合掌村。

白川郷などから移築した
合掌造りの民家を見ることができる
ってことで 行ってみました。
c0191336_19175195.jpg

陶芸体験の予約時間まで余裕があったので
村の中の高台にある
森の滑り台(ローラースライダー)で遊んだんですが

すごいスピードで
パニックになりバランスを崩し
仰向け状態になり 背中はゴリゴリ
ローラーで擦られ
滑り台のフチをつかもうとしたけど
あまりのスピードに手が弾かれ負傷したほど(笑)
c0191336_19175142.jpg

(↑合掌村のサイトより画像お借りしました)

いやー お金取るだけあって
手入れがちゃんとされてるんでしょう
めっちゃローラー部分回ります!
すごくスピードが出ます!!

滑り台の側面に足を押し付けるようにして
なんとか 復帰しましたけど
一旦、スピードに乗ってしまうと
足でブレーキをかけるのにも
かなりチカラが必要です。

無駄に力んだため
足がヘロヘロ( ̄▽ ̄)
筋力なさすぎ。。。


昨年、北海道に行ったときも
滑り台で 無様な姿を晒し
そして 今年も また滑り台で(笑)


手についた擦過傷
そして 足の打撲痕をみると
あの日の ことを思い出して
笑ってしまいます。


長くなったので
陶芸体験は明日 綴りますぅぅ

by cyobizm | 2017-08-22 18:51 | | Comments(0)

下呂温泉 源泉掛け流しのお宿

温泉街からは ちょっと離れてて
山の中にある
c0191336_19140375.jpg

お宿にお泊まりしました。


趣のある入り口
c0191336_19140477.jpg

老舗のお宿ってことで

高圧的な接客をされちゃうかと
思ってたんですが。。。

みなさん( ゚∀゚)素晴らしいっ!!

めっちゃ あったかい笑顔で
押しつけがましくない接客は
とても居心地が良かったです。



お料理は お出汁が美味しくて
飛騨牛の色んな部位を
異なる味付けで堪能
c0191336_19140420.jpg
お腹ぱんぱんっ

なんか暑さで食欲ないとか
言うてたのに
そんなことは 吹き飛んでしまい
モリモリ食べてしまいました(笑)

お部屋でお食事だったんですが
お料理の配膳されるタイミングが絶妙!
どっかで監視されてんのか?
と、思っちゃうほど(笑)

いい流れで 次から次へ

こんなスムーズな流れは 初めてで感動。

犬連れの旅行では
お泊まりしたところをブログに載せてたけど
人だけの時は もう泊まったところ
内容は詳しくは 載せてませんでしたが

今回は 記録として残しておきたい!
と、思えるお宿でございました*^^*

あえて お宿の名前は出しませんが
写真をみたら どこか すぐにわかるとおもいます。


朝ごはんは 目で見て楽しめる
演出があったり
白ご飯が 進んでしまう 内容でございました(*´ч`*)
c0191336_21284371.jpg

夕ご飯のデザートで出た
黒蜜ゼリーが気に入ってお土産で
買って帰り お家で余韻に浸りつつ
ブログを書きました*^^*


お部屋、そしてお風呂からの眺めも
緑いっぱいで 現実から離れて
ほっこり出来ました。



冬、雪があるときにも
下呂温泉行ってみたいなぁ




by cyobizm | 2017-08-21 21:35 | | Comments(0)

岐阜へ旅の記録

プラリと岐阜へ旅に出ておりました。

無事に帰宅したので
旅の記録を少しばかり
何日間か綴ります*^^*

今回 岐阜旅は 下呂温泉と長良川温泉へ
c0191336_09041315.jpg
初日、下呂温泉に向かってる途中から雨が降り出したんですよ・・・
天気予報では1日雨だったから
もう散策は無理かなと思っていたら
お宿にチェックインして しばらくしたら雨がやんだので


温泉街を散策しました(^▽^)/
c0191336_09041330.jpg
足湯出来るところが ところどころにあって
自由に たのしめます
温泉の温度は ぬるめでした。


下呂(ゲロ)=カエル?ってことなのか

あちらこちらに
ケロちゃんの置物があって

かえる神社
c0191336_09041493.jpg

ドーンとケロちゃん


道路も いちいちカワイイの
c0191336_11503833.jpg
何気に潜むケロちゃん


近づいて 観察
c0191336_11503904.jpg
子供の落書きのようなケロちゃん(笑)




続いて 消火栓の蓋にも
c0191336_11503958.jpg
ケロちゃん



こちらは 
c0191336_11503952.jpg

色遣いが違うパターン


すんごくケロちゃん推しだと思わせて
マンホールは
c0191336_11504021.jpg
シラサギ

下呂温泉にシラサギがかかわってる言い伝え?みたいなものがあるので

ケロちゃんだけでなくシラサギも推してるのね~


お出かけすると 町中にあるマンホールの柄が気になって
つい探してしまいます。

旅のお楽しみのひとつとなっています(⌒∇⌒)



今回はマンホールの話で終了(笑)

次回は お宿のことか 初めての陶芸体験か なめてかかった滑り台の恐怖体験か
いずれかを綴ろうかなと( ˘ω˘ )


by cyobizm | 2017-08-20 12:08 | | Comments(0)

北の国の締めは ココで

きっと 他にも
いろいろと観光するところ
あると思うんですけど

北海道滞在最終日
最後に行ったのは

ココです
c0191336_15511263.jpg

円山動物園♪(´ε` )

はい、また動物園です。
もちろんお目当は ホッキョクグマ

朝イチに突撃
c0191336_15511298.jpg

展示は、昔ながらの
檻の向こうに 動物という。。。

その檻の手前にも
柵があったりで

あまり 近くでは 見れないように
なっていました。

水遊びする場所も
露天風呂ぐらいの浅くて狭いもの。。。

体が大きいから
広々としたとこで
過ごしてもらえたらなぁ
そんなことを思いつつ

クマさんが遊んでる姿を
c0191336_15511246.jpg

ニヤニヤしながら 眺めてみたり
動画をとりまっくてみたり
満喫しましたよ

赤い球体で ひとしきり
遊んだら
c0191336_15511213.jpg

寝室?みたいなとこへ
入ってしまいました。

大抵、寝室みたいなとこへは
戻れないように
扉を閉めてある動物園が多いなか

こちらは クマさんが
自由に出入り出来るようにしてありました。
c0191336_15511324.jpg

私的には、この方法
とっても いいなぁと思いました。

ずーーーっと 人に見られ続けるって
ストレスになりますもんね。

遊びたければ 遊び
眠たくなれば 休息をとれる
場所があるって とても大事だと思うので。

クマさんが休息に入ったところで
別の動物エリアにも行きました。

次のトキメキは
リスザル(≧∇≦)

ワタクシは リスザルも好きなんです。

以前、チョビ連れて
伊豆のシャボテン公園に行ったときは
ゆっくりリスザル見ることが
出来なかったからね→☆☆☆

円山動物園では
じっくり リスザルさん堪能出来ました。

ちょっと園内
展示場の工事など してて
見ることが出来ないエリアもありましたが

緑が多くて
森の中を歩いてるような感じで
雰囲気が とても良かったです。

そして 動物を見終わったあとは
シロクマさんのグッズ大人買い(笑)

こーゆーのみたことあるでしょ(^_^)
c0191336_16131547.jpg

このラーメンのパッケージで
円山動物園の存在を知ったんです。

飼育員さんが着てた
c0191336_16131520.jpg

Tシャツ(o´〰`o)♡*✲゚*。
見た瞬間 これ絶対買う!!
ってなりました。

ただいま ワタクシのお部屋着としております。

他にも もろもろ購入しまして
新千歳空港へ

あっと言う間に時間が過ぎて
北の国とはお別れとなりました。







by cyobizm | 2016-07-24 15:22 | | Comments(0)

日本最北端の動物園

今回、北海道に行くにあたり
絶対に行きたかったのが

日本最北端の動物園
『旭山動物園』
c0191336_18185006.jpg

ここの ホッキョクグマさんに会いたい!!

マップで クマさんの場所を確認して
まっしぐら


動物園入口の写真
撮りわすれた(笑)

とにかく 行って良かったです。

ホッキョクグマ好きの
ワタクシ*^^*

クマさんのカワイイ仕草に
悶絶053.gif
c0191336_21474516.jpg

かなり間近で見ることが出来ました。

もぐもぐタイム
お食事の様子が見られるってことで
楽しみにしてたんですが
思ってた以上に 興奮しちゃいました。

食べてるとこ めっちゃ カワイイ!!
(青矢印の先の細長いのが魚)
c0191336_21474540.jpg

ツイーーーッと 水の中を移動しながら
ぱくぱく

そして ワタクシの興奮マックスに
なった瞬間が こちら
c0191336_21474583.jpg

お尻ぷりーん
肉球ドーーーン

もぉーたまらん可愛さ(o´〰`o)♡*✲゚*。


他にも 空飛ぶペンギンや
水中トンネルをアザラシが
スイーッと縦に泳いでいくとこや
カバが水中にいてるとことか
テレビで特集されてた
お馴染みのとこを
しっかり 自分の目で見て
楽しんできました。

今回は、園内の滞在時間が
2時間と短めだったので

また、行けたらガッツリと
1日たっぷり楽しみたいなぁ



by cyobizm | 2016-07-22 18:12 | | Comments(0)

透明ビーグルちゃんを偲んでみたり 日々のこと あれこれ


by cyobizm
プロフィールを見る
更新通知を受け取る