人気ブログランキング |

2019年 03月 03日 ( 1 )

厳島神社へ

呉から宮島へは
電車で移動することにしました。

途中、線路わきには ブルーシートがかけられていたり
土のう袋が積んであったりして
昨年の西日本豪雨災害の被害のあとがまだ残っている区間がありました。

列車も まだ本数を減らして運転していたり
のほほーんとした観光気分でしたが
生の現場を見ると
いろんなことに思いを馳せることになりますね・・・

順調に電車の乗り換えもすすみ
いよいよ宮島へ

船会社が2つあり どちらも料金、時間は同じ
でも、
JRの船の方が 大鳥居に接近するコース
だったので JR船を選びました
c0191336_20343344.jpg
けど、船から見たのは こんな風景

もっと接近するのかと思っていたので
拍子抜けしちゃった。

少しズームで撮ったら なんとなくいい感じに
c0191336_20370910.jpg
海に浮かぶ姿はは 幻想的

船は10分ほどで 宮島に到着
港についてすぐに
シカと遭遇
c0191336_20383172.jpg
人馴れしてるのか 逃げることなく
のんびり テクテク歩いてました
可愛いなぁ(#^^#)

生き物に接するのに
飢えてるので ついつい見入ってしまいます
c0191336_20393872.jpg
昼過ぎに到着したので
お昼寝の時間だったのかな
寝てるコも 多かったです。

ポカポカ陽気だったこともあり
お日様の下でお昼寝は最高だね

チョビもよく日向のところでお昼寝していたことを想い出しました。



宮島でのおめあては厳島神社

海沿いの道から 大鳥居を目指して歩きつつ
鹿の可愛いお尻をパチリ
c0191336_20414079.jpg
人馴れしてるので
奈良の鹿のように
何かオヤツ的なものを あげたり出来るのかな?

って、思ったんですが
ここでは、エサやり禁止となっていました。
c0191336_20425789.jpg
でも、食べ物を持っている人のところへは
スーーーッと近寄って行って
おねだりしてました。

車椅子の人で紙袋を膝の上に
置いていた人が
激しく鹿に狙われていましたし^^;

食べ物を持っている人には
敏感に反応しちゃうようです。

手に何も 持っていない人に対しては無関心(笑)


鹿フンは 定期的にお掃除されていて
道はキレイでした。

c0191336_20463691.jpg

鹿に ハァハァ( ❤︎∀❤︎)しながら 歩くこと数分で
大鳥居が見えてきた!


海に浮かぶ大鳥居
c0191336_20472162.jpg
もっと近くで見たいけど
これ以上は 近寄れず




厳島神社へ朱色が鮮やか
c0191336_20481226.jpg
神聖なる場所
板張りの床を歩いていると
非現実感にに包まれましたよ


神社を抜けると
だいぶ潮が引いていて
c0191336_20493869.jpg
大鳥居の近くまで 行くことが出来ました。


本当は大鳥居をカヤックでくぐりたい!!(シーカヤック体験要予約)
と、思っていたんですが
潮が満ちてない時間帯に行ったので夢は叶いませんでした。

でも普通に これだけ近寄ることが出来たので
十分満足しました(^▽^)/


時間の関係で
探索はここで終了して
帰宅することに


行きは海辺ルートだったので
帰りは商店街を抜けるコースにしました。
そこで 狙っていた食べた物が これ
c0191336_20502865.jpg
揚げもみじ!

いろんな味が ありましたが
ベーシックに 餡子をチョイス

もみじ饅頭の天ぷらってことで いいのかな
揚げたてをいただきました。

普通のもみじ饅頭より こっちの方が美味しい!
すっかりお気に入りになっちゃいました。



船に乗り宮島を後にして
お次の食べ物はこちら
c0191336_20504792.jpg
あなごめし
小さいサイズを頼んだけど
食べ応えが十分にあり美味しかったです。

実は 昼に海自カレー食べて
15時に この あなごめし(≧▽≦)

胃袋パンパンになり 広島をあとにしました(笑)


帰りは 新幹線で帰宅の途についたんですが


こころなしか
座席は ゆったりしてて
足元の空間も 広くなったような気が・・・

約20年ぶりに 乗車したので
新鮮に感じました(^^♪


これにて 呉から厳島神社への旅は
終了です。



旅 呉編は2記事

1 呉へ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一応、これで
日本三景のうち 天橋立と宮島には行ったことになるので

残りあとひとつ 松島 にも行ってみたいなぁ










by cyobizm | 2019-03-03 15:36 | | Comments(0)

透明ビーグルちゃんを偲んでみたり 日々のこと あれこれ


by cyobizm
プロフィールを見る
更新通知を受け取る