カテゴリ:本( 128 )

リバース

ドラマ化された影響なのか
図書館では
すごい人数の予約待ちでしたが
やっと手元にやってきました!
c0191336_20083297.jpg

ドラマは 2話まで放送されてて
どーなんのよー!!
って、もどかしい気持ちになってたので
グイグイと一気読みしちゃいました。



あぁ なるほどね〜

なんて、思って 心の緊張を
といた
最後の最後に

((((;゚Д゚))))))) !!!

まさかの結末で ございました。。。



読後感は 重いです。


ドラマは 原作の結末の
その後を
描いてくれるらしいので
引き続き ドラマも観ようと
思います。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-23 19:56 | | Comments(0)

風紋 上・下

自分の近しい人が
ある日 突然 殺されてしまったら。。。
c0191336_19410205.jpg

被害者家族
加害者の家族

そして、その関係者の人たちの
心理状態が 語られていくわけなんですが

まるで自分がその渦中にいるかのような
気持ちになり

ぶっとい本では ありましたが
グイグイとひきこまれてしまいました。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-20 19:34 | | Comments(0)

最後の証人

一気にグイグイとひきこまれました
c0191336_17095231.jpg

状況証拠、物的証拠とも
被告人有罪を示す事件の弁護を
することになった敏腕弁護士のお話。

読み進めてると
あっ! そーゆーことなの( ゚Д゚)

という 展開があり
自分の思い込みを
ひっくり返されて
ちょっと気持ち良かった(笑)


裁判で 最後の証人の証言は
わたしが望んでいた発言だったので
すっきりと読み終えることができました。



さいご、希望の光みたいな
あったかいものがみえてよかったな~




[PR]
by cyobizm | 2017-04-19 21:06 | | Comments(0)

ゆれる

本の表紙
緑の中の吊り橋に魅かれて
読んでみようと思った。
c0191336_17283763.jpg

けど、その前に

これって
映像が先で小説は後に出来たもの
ということだったので

先に映像の方を観てから
本を読みました。

映画観てから本を読むと
より深く登場人物たちの
心の動きが理解出来ました。

本の表紙にもなってる
吊り橋。
ここで起きた出来事で
兄弟の生き方が大きく変わることに
なるとはね。。。



[PR]
by cyobizm | 2017-04-17 17:19 | | Comments(0)

サヨナライツカ

映画と本
両方 みてみました。
c0191336_19513183.jpg
人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトとにわかれる。

私はきっと愛したことを思い出す


この↑ 思わせぶりなセリフが気になって
みちゃいました。

結婚を控えた 男性が謎の美女に出会ってしまい
愛し合うようになるけど 別れを選択
25年後に再会し・・・

という 話だったんだけど

もぉーーー 男性 ズルい(-"-)

男の人が読めば そうそう って共感出来るのかな・・・

本と映画では ちょっと内容が違っていましたが

ワタクシは 映画の方が好みでした
再会したあとの 美女が最後まで凛としてたので。



わたしなら 最期
愛したことを思い出し
その愛したヒトから 愛されたことも思い出したいなぁ

欲張りなオンナです。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-13 12:50 | | Comments(0)

しゃぼん玉

映画化されたので
読んでみることにしました。
c0191336_19560049.jpg
通り魔を繰り返す青年が 山村に逃げ込み
そこで 村人たちと触れ合う うちに
だんだんと 気持ちがほぐれていき・・・

という、よくある話。かなと思って
読み進めていってたら
終盤は 涙 なみだ でございました(T_T)

あったかい えぇ話~
方言が なんともいえない
温かみがあり 物語全体を包んでる感じ


いざというとき
帰る場所があるって 心のよりどころになりますね。



映画の予告だけチラッとみたけど
俳優さんたちは
原作の雰囲気にあってる~
映画もみたら
泣いちゃうんだろうな~


これからが
これまでを
変えていく。。。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-12 20:11 | | Comments(0)

臨床真理 上・下

そんなに 厚みのない本で
文字も わりと大きめだったこともありますが
c0191336_18023833.jpg

お話に ひきこまれて
スルスルっと 上・下巻
一気に読み終えました。


桜の下で のんびり読書 なんていうのにも憧れるんですけどね~

内容が 外で読むような
ほっこりしたものでは なかったので(^^;

事件が起こって
謎が ちゃんと解き明かされたんですが
最後の急展開に ( ゚Д゚)えーー その表現いる??


読みながら
怪訝な顔になったり
眉間にしわ寄せたりしつつ
静かにお家の中で 読みおえました(笑)


この本で 共感覚 をもつ人がお話にからんできます・・・

言葉に色がついてるように見えて
嘘をいってるひとの言葉は赤くみえて
本当のことを言ってる言葉は白


だから 顔は笑顔で よさげなこと言うてても
吐き出される言葉は 真っ赤にそまって見えたりしてて

もし、自分が そーゆー感覚の持ち主だったら
人間不信に なるだろうな~



共感覚に
興味をもったので
その関連の本を次 読んでみようと思って

図書館に予約中です(^^♪



[PR]
by cyobizm | 2017-04-09 16:34 | | Comments(0)

プリズム

この本は
読者に委ねられた決定権を
c0191336_19174933.jpg

楽しめる人向きかなと思います。

通常であれば
作者の人が事件の謎解きをしてくれますが

この本は もしかしたらこの人が犯人かも!?

って、数人の人が候補としてあがってきます。

それぞれの推理が
なるほど~ って思わせられます。

完全なオチは ないのに
読後にモヤモヤした感じはなくて

こーゆー展開の話もアリだなと
私は たのしめました。


 

[PR]
by cyobizm | 2017-04-04 11:01 | | Comments(0)

獄の棘 (ひとやのとげ)

ドラマを観て
原作を読みたくなったので
図書館で借りてきました^^
c0191336_14112838.jpg

刑務所に勤める刑務官のお話。

ドラマと原作では
内容が微妙に違っているので
それぞれ 楽しめます。

本の方は
かなりの おっさん臭でいっぱいですが
ドラマは ワタクシのお気に入りの
俳優さんが出てて
別の目線で観ているせいか
おっさん臭が和らいでるような
気がします(笑)

[PR]
by cyobizm | 2017-03-30 14:04 | | Comments(0)

慟哭 (どうこく)

ビックリしたー!!
そーゆー やり方もあんのね

っていうオチが待っていました。
c0191336_07513148.jpg

読み返してみると
ちゃんと 記されてる!!

何で ここ ちゃんと意識してなかったんやー


日付は 別に重要じゃないって
勝手に判断して
読み進めてたからね^^;

でも、他の事件の犯人は
結局 どーなったん?
という謎は 残ってるんやけど
そこは そのままで よろしいのかしら?

お話的には そこは重要じゃないってこと??


いろいろ驚かされた
小説で ございました。




[PR]
by cyobizm | 2017-03-25 07:50 | | Comments(0)

透明ビーグルちゃんを偲んでみたり 日々のこと あれこれ


by ま~や
プロフィールを見る