カテゴリ:本( 127 )

北斗 ある殺人者の回心

かなり分厚い本でした。
c0191336_16413661.jpg

すさまじい内容に
息を止めて読んでしまっていました。

両親からの激しい虐待。
その描写が 生々しすぎる。。。

よくその状態で生き延びて
これたなと 思うほどの
強烈な子供時代

保護されて
里親に引き取られ
やっと やっと 人生で初の安らぎを得たのに。。。

殺人をおかしてしまい
無期懲役か死刑の
判決がくだるシーンまで
本当に読んでいて苦しかったです。

生きる って どーゆーことなのか
深く考えさせられました。



[PR]
by cyobizm | 2017-05-18 17:10 | | Comments(0)

検事の本懐・検事の使命

この前 読んだ
『最後の証人』話の流れがテンポ良くて
この作家さん いいかも♪
って 思ってたので

続編みたいな感じの
こちらの本も
読んでみたら。。。
c0191336_20055745.jpg

本懐の方は もう号泣でございました。


人間ドラマが めっちゃ沁みます!!
こーゆー話 大好きです。

正しいことを貫き通す って
いろんな思惑が絡んで
出来なかったり しますからね。。。


[PR]
by cyobizm | 2017-05-16 15:02 | | Comments(0)

クリーピー

映画を観て
はぁ なにこれ(・・?)
全然 面白さわからん。。。

お気に入りの俳優さんが
出てたから観たんだけど
かなりのハズレ感が
あったので

映画を観た人の
感想とか ネットで見て回ってるうちに

着目点が わかってからは
なんとなく面白さが理解出来ました。

原作は どんな感じなんやろ
って、気になって読んでみました。
c0191336_20165613.jpg

こーゆー言い方は失礼かもしれませんが
原作は ちゃんとしてるやん!
(↑上から目線発言)

原作を読んだら
話の流れがちゃんとわかって
スッキリしました。


映画は
クリーピー感 薄気味悪い雰囲気が
ビシバシ感じられましたが
原作は それほどの薄気味悪さは
感じませんでした。

クリーピー感を味わいたい人は
映画をオススメします。



[PR]
by cyobizm | 2017-05-15 20:06 | | Comments(0)

心配事の9割は起こらない

心配事の〝先取り〟をせず
「いま」「ここ」だけに集中する
c0191336_16392527.jpg

余計な不安や悩みを抱えないように
他人の価値観に振り回されないように
無駄なものをそぎ落として
限りなくシンプルに生きる

手引きが書かれていました。


客観的に見れば
「なんでもないこと」に
振り回されてしまってる

そのことに 気がつくことが出来れば
少し楽に生きられるかもね^ ^

著者が禅僧ということもあって
諭されてる感じの本でした。


[PR]
by cyobizm | 2017-05-12 22:29 | | Comments(0)

妻が椎茸だったころ

( ´艸`)むふふ♡
キノコ好きオンナゆえ
タイトルそして本の表紙にトキメキ♡
c0191336_11264005.jpg

ちょっと 怖くて愛おしい
5つの『偏愛』短篇集。

「人」への執着
「花」への妄想
「石」への煩悩。。。

5つのお話がありましたが
最後に ゾワッとしたり
ほぉーと思ったり

世にも奇妙な物語って
番組があったけど
あんな感じの雰囲気の読後感でした。

妻が椎茸〜 のお話は
夫婦の愛を感じる
ほっこりするお話でした( *¯ ꒳¯*)



[PR]
by cyobizm | 2017-05-10 15:00 | | Comments(0)

すべての疲労は脳が原因2〈超実践編〉

この前、モラタメで
もらったイミダペプチドスープ
同封されていた本
c0191336_17230203.jpg

なかなか 興味深い内容で ございました。



タイトルに「2」と あるように
すでに すべての疲労は脳が原因というタイトルで
1冊目が出版されてて

この「2」は 疲労と予防と回復術に
焦点を絞った内容となってて1冊目よりも実践的。

え!そうやったん??と驚いたのが

疲労は体ではなく、脳で起こっていて
自律神経を酷使しているから疲れる。



本を読んでみると
なるほどね~

と、すっかり洗脳されたワタクシ(笑)

そんな疲労を予防するコツの食事編で

例のイミダペプチドが出てくるわけです!


疲労回復の成分イミダペプチドを含む食材

鶏むね肉が おすすめ らしいのですが

ほかにも 

豚ロース肉
カツオ

なんかが イミダペプチドの含有量が多いので
疲れてるときには 積極的に食べるようにすれば
回復が期待出来る。って


今後の食事に意識して取り入れてみようかな~


ほかには こんな内容が・・・
c0191336_17230200.jpg
食事以外にも
睡眠 や 環境 も疲れに関係してくるって。


どれも、そんな難しいことではなくて
普段の生活に とりいれることが簡単に出来ること
ばかりでした。



この本、うちの地域の図書館では
予約待ちでいっぱいに なっています。

意外に 人気ある本だったのね
↑失礼な発言(^^;





[PR]
by cyobizm | 2017-05-04 17:20 | | Comments(0)

七十歳死亡法案、可決

本の表紙を見たとき
ホンマの新聞記事かとおもって
ドキッとしました。
c0191336_23363414.jpg
わがまま放題の義母の介護に追われた十五年。
「七十歳死亡法案」(七十歳になると安楽死させられる)施行まで二年
やっと義母が死んでくれる
と 主人公は 心に黒いさざ波が立ち始めて・・・ というお話。

介護してる側も そこそこの年齢になってて
この法案が施行されて 自分が生きる年数もあとわずかだと
早く自由になりたい!!って
気持ちが芽生えてしまうだろうな~

つい、主人公に肩入れしがちになっちゃうけど

もし、この法案が現実の世界でおこったら
わたしの祖父母は90歳をこえてるけど
今、現在 元気でシャンシャンしてるので
そんな法案には納得いかないでしょうね。

じゃー 介護してる状態で
もうクタクタに疲れ切ってたら
法案が出来てよかったね と思うのか・・・
複雑な心境。

良い関係が築けていれば
この法案は廃止して欲しいと思うけど

そーでなければ・・・ね(^^;

主人公は 自分ひとりで 必死になって
いっぱいいっぱいに なってたけど

そーなると 自分自身が壊れてしまう。

介護って 
家族みんなで助け合っていかなきゃ
いいように回っていかないんだな~


自分自身に置き換えたりして
いろいろ考えさせられるお話でした。


この本、男の人にもぜひ読んでもらいたい!!

介護は 女の人ばかりが
するもんじゃーないんだぞーーー

男の人にも出来ることがあるって
気が付いて欲しい。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-30 16:19 | | Comments(0)

パレード

女2、男2人
計4人でルームシェアしてて
その日常が それぞれの
目線で語られていくというお話で
c0191336_18211380.jpg

のんびりした時間が流れていってたのに
最後に えっ!! 何それ!!
ってことが しめされて

物語はそこでお終い。



置いてけぼりをくらったような感じに
なっちゃって
これを どう解釈したらよいのか
モヤモヤとしたので

映画の方も観てみたら
なんとなく 租借出来たような・・・

不気味さが残るお話でした。

心地よい関係を続けていくために
本質の部分をみないようにする??

そんなのありえないって思ったけど

案外、今の時代の人間関係をあらわしてるのかな
と、思ってみたりも・・・





[PR]
by cyobizm | 2017-04-29 18:28 | | Comments(0)

食べ合わせと調理の工夫で からだのためになるごはん

図書館って いろんな本が
置いてあるんですね。

お料理のレシピ本的なものも♪
c0191336_20352779.jpg

体に 優しい ごはんを作りたいなぁ
と、いうことで
借りてみました(*´∇`*)

レシピ本って
載ってるレシピ全部 いいなって
思うものって そうそうないのでしょ

本屋で 中身チェックしたくても
欲しい本が置いてないことが多いし


図書館という存在は
とてもありがたいです。

[PR]
by cyobizm | 2017-04-24 17:20 | | Comments(0)

リバース

ドラマ化された影響なのか
図書館では
すごい人数の予約待ちでしたが
やっと手元にやってきました!
c0191336_20083297.jpg

ドラマは 2話まで放送されてて
どーなんのよー!!
って、もどかしい気持ちになってたので
グイグイと一気読みしちゃいました。



あぁ なるほどね〜

なんて、思って 心の緊張を
といた
最後の最後に

((((;゚Д゚))))))) !!!

まさかの結末で ございました。。。



読後感は 重いです。


ドラマは 原作の結末の
その後を
描いてくれるらしいので
引き続き ドラマも観ようと
思います。


[PR]
by cyobizm | 2017-04-23 19:56 | | Comments(0)

透明ビーグルちゃんを偲んでみたり 日々のこと あれこれ


by ま~や
プロフィールを見る